*

ニキビ跡消すには間違った洗顔方法の改善が必須!

ニキビ跡を消したいなら正しい洗顔を心掛けましょう

間違った洗顔の仕方をしていませんか?

ニキビのケアにもニキビ跡のケアにも洗顔は必要なプロセスです。

ニキビケアといえば洗顔!

というほど洗顔の重要性がいわれています。

ニキビの直接的な原因となるのが皮脂の過剰分泌であり、
過剰な皮脂を落とすために洗顔が大切。

そこまではいいんです。

ですが、

問題は洗顔をし過ぎることです!

何事もやり過ぎは禁物!といういい例ですが、

常にお肌を清潔に保たないといけない!という意識が先行してしまって、

やたらと洗顔フォームを使って洗顔をしてしまう方がいらっしゃいます。

皮脂の落とし過ぎはニキビやニキビ跡のケアに逆効果となります!

皮脂というのはカラダがお肌を外からの刺激から守るために保護として分泌されるものです。

その為、皮脂を根こそぎ落としてしまうということはお肌を守るバリアを奪ってしまうことになります。

ニキビ跡を消すための健やかなお肌を目指すためのケアとして行っているはずの洗顔が、目的に反して余計にお肌にダメージを与えてお肌を弱くしている場合があるのです。

お肌を傷つけないような洗顔を行っていく必要があるのです。

健やかなお肌に導くための洗顔方法とは

ではどのように洗顔をすれば、
お肌の状態を良い方向へと変えていけるのかについてお話します。

まず基本的に洗顔は朝と夜に行います。

そして朝は洗顔フォームを利用せずぬるま湯で洗顔することをオススメします。

なぜぬるま湯で洗顔するかといいますと、
冷水で洗顔すると毛穴が引き締まってしまい、お肌の汚れを落とすという役割が果たせなくなるからです。

ぬるま湯で毛穴を開いた状態で汚れを落としましょう。

夜の洗顔は女性の場合はメイクをされていると思いますので、
クレンジングでしっかりとメイクを落としてから、洗顔を行います。

この場合ももちろんぬるま湯での洗顔が基本となります。

[point1]⇒まずはしっかりとぬるま湯ですすぎをしてください。

[point2]⇒洗顔料を手にとってモコモコのクリームのような泡になるまで泡立てます。

[point3]⇒円を描くように優しくお肌を洗います。ポイントは泡でお肌を洗うような感覚でマッサージするようにあらうことです。

[point4]⇒泡をぬるま湯で洗い流します。この際にお肌を手でこすらないように気を付けましょう。洗い残しも厳禁です。

ここで洗顔における最大のポイントがあります。

洗顔料は低刺激なものを使用する!

ということです。

せっかく正しい洗顔の仕方を行ったとしても、
洗顔料がお肌への刺激の強いものを使用していては元も子もありません。

洗顔料などの洗浄系の商品には界面活性剤という洗浄成分が含まれています。
石鹸も界面活性剤の一つですし、それ以外にも合成界面活性剤というものが使われていたりします。

お肌への刺激を考える上で簡単に刺激に強い成分を避ける方法をご紹介します。

それは『旧表示指定成分』が無添加の洗顔料を選ぶということです。

旧表示指定成分というのは何かといいますと、

今の化粧品は全て全成分を記載することが義務付けられていますが、
一昔前までは指定された成分以外は記載の義務がなかったのです。

その時に表示することが義務付けられていた102種類の成分のことを表示指定成分といい、

今はそれが廃止されているので、旧表示指定成分と呼ばれています。

この102種類の成分はなぜ表示が義務付けられていたかといいますと、

わかりやすく簡単にいいますと、

お肌への刺激が強い成分なので、表示してあるのでご自身の責任において購入してくださいよ!

ということです。

一応念のため、旧表示指定成分のリストを記載しておきます。

安息香酸及びその塩類、 イクタモール、 イソプロピルメチルフェノール、 ウンデシレン酸及びその塩類、 ウンデシレン酸モノエタノールアミド、 エデト酸及びその塩類、 塩化アルキルトリメチルアンモニウム、 塩化ジステアリルジメチルベンジルアンモニウム、 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム、 塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウム、 塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、 塩化ラウリルトリメチルアンモニウム、塩化リゾチーム、 塩酸アルキルジアミノエチルグリシン、塩酸クロルヘキシジン、 塩酸ジフェンヒドラミン、オキシベンゾン、オルトフェニルフェノール、 カテコール、カンタリスチンキ、グアイアズレン、グアイアズレンスルホン酸ナトリウム、 グルコン酸クロルヘキシジン、クレゾール、クロラミンT、クロルキシレノール、 クロルクレゾール、クロルフェネシン、クロロブタノール、 5-クロロ-2-メチル-4イソチアゾリン-3-オン、酢酸dl-α-トコフェロール、 酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール、酢酸ラノリン、酢酸ラノリンアルコール、 サリチル酸及びその塩類、サリチル酸フェニル、ジイソプロパノールアミン、 ジエタノールアミン、シノキサート、ジブチルヒドロキシトルエン、 1,3-ジメチロール-5,5-ジメチルヒダントイン(別名DMDMヒダントイン)、 臭化アルキルイソキノリニウム、臭化セチルトリメチルアンモニウム、臭化ドミフェン、 ショウキョウチンキ、ステアリルアルコール、セタノール、セチル硫酸ナトリウム、 セトステアリルアルコール、セラック、ソルビン酸及びその塩類、チモール、 直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、チラム、デヒドロ酢酸及びその塩類、 天然ゴムラテックス、トウガラシチンキ、dl-α-トコフェロール、トラガント、 トリイソプロパノールアミン、トリエタノールアミン、トリクロサン、 トリクロロカルパニリド、 ニコチン酸ベンジル、ノニル酸バニリルアミド、 パラアミノ安息香酸エステル、パラオキシ安息香酸エステル、パラクロルフェノール、 パラフェノールスルホン酸亜鉛、ハロカルバン、 2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、ピロガロール、 フェノール、ブチルヒドロキシアニソール、PG(プロピレングリコール)、 ヘキサクロロフェン、ベンジルアルコール、没食子酸プロピル、 ポリエチレングリコール(平均分子量が600以下のもの)、 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類、ポリオキシエチレンラノリン、 ポリオキシエチレンラノリンアルコール、ホルモン、ミリスチン酸イソプロピル、 2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン、 N,N”-メチルレンビス[N’-(3-ヒドロキシメチル-2,5-ジオキソ-4-イミダゾリジニル)ウレア] (別名イミダゾリジニルウレア)、ラウリル硫酸塩類、ラウロイルサルコシンナトリウム、 ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、硬質ラノリン、ラノリンアルコール、 水素添加ラノリンアルコール、ラノリン脂肪酸イソプロピル、 ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール、レゾルシン、ロジン、 タール色素

上記のリストそのままで記載されていないこともありますので、ご注意ください。
※例)パラオキシ安息香酸エステルはパラベンのことで成分表記としてはメチルパラベン、プロピルパラベンなどと表記されています。

こんなものを書かれてもなんのこっちゃというのが感想だと思いますが、

あんまりお肌に良くない成分なんだなという感覚で一通り目を通しておけばいいと思います。

洗顔料などの洗浄剤に関しては弱酸性派とアルカリ性派とでよく意見がわかれていますが、

お肌が弱った状態であるならば、弱酸性の洗顔料の方が刺激が少なくオススメです。

洗顔に関する最後となりますが、

もしも、洗顔が朝と夜の2回だけではどうしても皮脂分泌が多すぎて気になるという場合は、

洗顔料を使用しないぬるま湯だけでの洗顔を増やしてください。

それでも一日4回くらいまでに抑えましょう。

くれぐれも洗顔のし過ぎは禁物です!

洗顔後は導入型柔軟化粧水でしっかりと潤い&保湿ケアをしましょう!
導入型柔軟化粧水のオススメ商品は下記よりご覧いただけます。
ニキビ後のスキンケアならリプロスキン

関連記事

no image

ニキビの種類について【黄ニキビ】

黄ニキビはニキビ跡へのカウントダウン! 放置も潰すのも絶対ダメ!黄ニキビには治療が必須! ニ

記事を読む

mizu

カラダとお肌と水の関係性について|これだけは読んでください

いい水を体内に取り入れましょう! 地球上のあらゆる生物にとって欠かせない「水」 本当に知って

記事を読む

stop

赤ニキビはニキビ跡への警告信号

赤ニキビを侮ってはいけません! 赤ニキビを上手に治すことがニキビ跡を残さないコツ 赤ニキビっ

記事を読む

smile

ニキビ跡消すにはストレスの発散が大切

ストレス社会と上手に付き合うことはお肌にも大切! ストレスをゼロにはできないので発散する方法を学び

記事を読む

amaimono

甘えはニキビ跡改善の最大の敵

自分を甘やかすことと自分をいたわることは違います 甘やかすのではなく、いたわるケアをしましょう!

記事を読む

kekkan

ニキビ跡消すことと血管の重要性

なんでニキビ跡消すことと血管が関係あるの? 血管は人体における最大の臓器です。 ニキビ跡消す

記事を読む

merit

ニキビ跡の改善はメリットがいっぱい

考え方の視野を広げてみる 一つのことから一つを得るのでなく一つのことからたくさん得ちゃいましょう!

記事を読む

yasai

ニキビ跡を消すための食生活の見直しとは

食生活の重要性をしっかり把握する カラダは自分が食べたもので作られている よくある間違いなのです

記事を読む

sukoyaka

ニキビ跡消すには健やかなお肌が必要

ニキビ跡消すための目標は健やかなお肌を手に入れること! お肌の自然治癒力を取り戻してニキビ跡を消す

記事を読む

horumon

大人ニキビには女性ホルモンのバランスが関係

女性ホルモンのバランスの乱れが大人ニキビの要因になる!? 女性ホルモンのバランスを整え大人ニキビを

記事を読む

riproskin
リプロスキンの最も効果的な使い方

リプロスキンによるスキンケアの効果を最大限に引き出すには! 4つのス

kekkan
ニキビ跡消すことと血管の重要性

なんでニキビ跡消すことと血管が関係あるの? 血管は人体における最大の

vitamin
適正なミネラルとビタミンの摂取でニキビ跡消す

ミネラルとビタミンは健やかなお肌には必須です! ミネラルとビタミンは

touyouigaku
東洋医学でニキビ跡消す!

東洋医学と西洋医学の違いとは? 簡単にいうと東洋医学は心身の内からの

horumon
大人ニキビには女性ホルモンのバランスが関係

女性ホルモンのバランスの乱れが大人ニキビの要因になる!? 女性ホルモ

PAGE TOP ↑