*

ニキビ(吹き出物)は体の不調のサイン

カラダが出してくれるサインから学びましょう!

不調のサインに気付いたら早急にケアを行いましょう!

ニキビ(吹き出物)は体が調子が良くないよ!というサインを出してくれているのです。

何か原因があるからそのような結果になっているのです。

何をしても治らないというのは、症状が出ている原因に正しくアプローチできていないともいえます。

お肌の乾燥もニキビもシミもクスミも口の中にできる口内炎も、疲れた時にでる蕁麻疹(じんましん)も

カラダのSOSサインです。

そういったお肌のトラブルなどが表れたら早めに対処しましょう!

思い当ることを全部絞り出してみましょう!

ニキビができた!と思ったら思い当ることがないか思い出してみてください。

思い当ることがあればオッケーです。

すぐに改善しましょう!

思い当ることがない場合は下記のリストに沿ってチェックしてみてください。

・最近ストレスにさらされている
・悩みごとがある
・紫外線を浴びることが多い
・化粧品を変えた
・不規則な生活をしている
・かなりの偏食で好きな食べ物しか食べない
・生理
・ファストフードやインスタント食品を食べることが多い
・お菓子をたくさん食べている
・ダイエット中
・夜食を食べている
・間食が多い

だいたいこのようなことが要因になっているケースが多いです。

リストの中に気になるものがあったら見直してみましょう!

改善してみて良くなる兆候が見られない場合はどうしたらいいかといいますと、

もっと掘り下げてケアします。

つまり、日々の生活習慣などの乱れによって栄養を取り込んでくれる「腸」の働きが衰えているかもしれません。

酵素や良質な水を取り入れたり、水素水を飲んだり、乳酸菌などで腸環境を整えてみることをオススメします。

ニキビやニキビ跡には根本からのケアが大切です。
外側からのケアは弱ったお肌に最適な化粧品を使いましょう!
ニキビ後のスキンケアならリプロスキン

関連記事

nayami

ニキビ跡の種類と改善に必要なこと

ニキビ跡の種類を知っておきましょう! ニキビ跡の2つの種類とは? ニキビ跡といいましてもその

記事を読む

dansei

リプロスキンは男性のニキビ跡にもおすすめ

男性にもリプロスキン! ニキビ跡を消す為のスキンケアにオススメのリプロスキンは男性にもおすすめ!

記事を読む

ruibos

ルイボスティーでニキビ跡消す

ルイボスティーってどういいの? ルイボスティーが持つ活性酸素除去作用でカラダの中から美しく!

記事を読む

eijing

エイジングケアは今すぐ始める必要がある

エイジングケアがなぜ必要なのか? エイジングケアをしなければどうなるの? 今回の内容は10代

記事を読む

vitamin

適正なミネラルとビタミンの摂取でニキビ跡消す

ミネラルとビタミンは健やかなお肌には必須です! ミネラルとビタミンはとりまくればいいわけではなくバ

記事を読む

hada

ニキビができる原因とは

ニキビの原因を知ることで改善方法もわかります! ニキビはなぜできるのか? ニキビができる人、

記事を読む

suisyou

珪素(ケイ素)足りてますか?体内環境を整える

現代人は珪素(ケイ素)が不足がち!? 珪素って何? 当然、ニキビ跡消すという目的に無関係では

記事を読む

riproskin

リプロスキンの最も効果的な使い方

リプロスキンによるスキンケアの効果を最大限に引き出すには! 4つのステップでニキビ跡消す!

記事を読む

nikibitubusu

ニキビを潰すことは傷をつくること、つまりニキビ跡を残すこと

ニキビを潰すことは自らニキビ跡をつくるということ ニキビを潰すことがクセになっている人は要注意

記事を読む

pi-ring

そのピーリング間違っていませんか?ニキビ跡の為のピーリング法とは

間違ったピーリングは逆効果!? ピーリングのやり過ぎはお肌を痛めます! ニキビケアやニキビ跡

記事を読む

riproskin
リプロスキンの最も効果的な使い方

リプロスキンによるスキンケアの効果を最大限に引き出すには! 4つのス

kekkan
ニキビ跡消すことと血管の重要性

なんでニキビ跡消すことと血管が関係あるの? 血管は人体における最大の

vitamin
適正なミネラルとビタミンの摂取でニキビ跡消す

ミネラルとビタミンは健やかなお肌には必須です! ミネラルとビタミンは

touyouigaku
東洋医学でニキビ跡消す!

東洋医学と西洋医学の違いとは? 簡単にいうと東洋医学は心身の内からの

horumon
大人ニキビには女性ホルモンのバランスが関係

女性ホルモンのバランスの乱れが大人ニキビの要因になる!? 女性ホルモ

PAGE TOP ↑