*

赤ニキビはニキビ跡への警告信号

赤ニキビを侮ってはいけません!

赤ニキビを上手に治すことがニキビ跡を残さないコツ

赤ニキビってけっこうよくある症状なのですが、

赤ニキビができている時点で、あなたのお肌にニキビ跡へのカウントダウンが始まったようなものです。

赤ニキビはふさがった毛穴の中で炎症が起きて表皮の中部にダメージを与え続けている状態です。

これがひどくなると表皮から真皮へと炎症が拡大し、ニキビ跡につながります。

赤ニキビができたら、手で触らない!潰さない!刺激を与えない!

赤ニキビを早く治すには

赤ニキビがはすばやく治すに限ります!

ではどのようにすれば早く治るのでしょうか?

もっとも確実で安全性が高いのはできたらすぐに皮膚科に行って診察を受けることです。

時間をかければかけるほど良くないです。

なぜなら治るまでの時間がかかればかかるほど

・炎症が悪化する(黄ニキビにつながる)
・睡眠中に無意識にニキビを潰してしまう

といった可能性が高くなります。

ニキビによる被害を最小限に抑え、ニキビ跡を残さないように早めの対処が大切なのです。

赤ニキビになるまでに治してしまうのが一番です

赤ニキビになるまでに白ニキビや黒ニキビといった症状の時に治すことができればそれが一番。

白ニキビや黒ニキビの状態の時は皮脂を上手に取り除くことで赤ニキビになるのを防ぐことができます。

その際も手で潰したりはせずに、白ニキビ用の皮脂除去商品を使用しましょう!

まとめますと、

赤ニキビができたら素早く治すために医師の診察を受ける

まだ赤ニキビではなく白ニキビや黒ニキビの状態なら肌を傷つけないよう、清潔な状態で専用の器具を用いて皮脂だけを取り除く

以上を心掛けましょう!

そんなこと?と思われる方もいらっしゃると思うくらい基本的な内容です。

基本だからこそしっかりケアしましょう!

ニキビが治ったら、次にはニキビをつくらせない健やかなお肌作りを目指しましょう!
ニキビ後のスキンケアならリプロスキン

関連記事

saron

ケミカルピーリングとピーリングの違いとは

ケミカルピーリングって何? ケミカルピーリングはサロンや病院で行う治療 ニキビ跡と言えばケミ

記事を読む

no image

ニキビの種類について【赤ニキビ】

赤ニキビはニキビ跡に直結する危険な状態 赤ニキビは早急に対処する必要があります ニキビ跡が残

記事を読む

biyou

基礎化粧品はコロコロ変えない

良さそうな化粧品はとにかく継続して使ってみる お肌に合っていないのか好転反応なのかを見極めるには?

記事を読む

tarnover

お肌の改善には最低でも28日間~3ヶ月要する

1日や2日で美肌はならず! 28日間(ターンオーバー)を経てお肌は改善されていく ニキビ自体

記事を読む

futyou

ニキビ(吹き出物)は体の不調のサイン

カラダが出してくれるサインから学びましょう! 不調のサインに気付いたら早急にケアを行いましょう!

記事を読む

dansei

リプロスキンは男性のニキビ跡にもおすすめ

男性にもリプロスキン! ニキビ跡を消す為のスキンケアにオススメのリプロスキンは男性にもおすすめ!

記事を読む

merit

ニキビ跡の改善はメリットがいっぱい

考え方の視野を広げてみる 一つのことから一つを得るのでなく一つのことからたくさん得ちゃいましょう!

記事を読む

kekkan

ニキビ跡消すことと血管の重要性

なんでニキビ跡消すことと血管が関係あるの? 血管は人体における最大の臓器です。 ニキビ跡消す

記事を読む

riproskin

リプロスキンの最も効果的な使い方

リプロスキンによるスキンケアの効果を最大限に引き出すには! 4つのステップでニキビ跡消す!

記事を読む

nayami

ニキビ跡の種類と改善に必要なこと

ニキビ跡の種類を知っておきましょう! ニキビ跡の2つの種類とは? ニキビ跡といいましてもその

記事を読む

riproskin
リプロスキンの最も効果的な使い方

リプロスキンによるスキンケアの効果を最大限に引き出すには! 4つのス

kekkan
ニキビ跡消すことと血管の重要性

なんでニキビ跡消すことと血管が関係あるの? 血管は人体における最大の

vitamin
適正なミネラルとビタミンの摂取でニキビ跡消す

ミネラルとビタミンは健やかなお肌には必須です! ミネラルとビタミンは

touyouigaku
東洋医学でニキビ跡消す!

東洋医学と西洋医学の違いとは? 簡単にいうと東洋医学は心身の内からの

horumon
大人ニキビには女性ホルモンのバランスが関係

女性ホルモンのバランスの乱れが大人ニキビの要因になる!? 女性ホルモ

PAGE TOP ↑